小さい頃見ていたアニメが、今の自分の基準を作っている

昨日の夜、ソファで座りながらだすてぃんと

ドリームワークスのシュレックを見ていた。

 

実は私は

ディズニー〈 ドリムワークス派

 

f:id:yuingpopup:20200215072940j:plain

 

 

 

シュレックマダガスカル

シュレックが世に登場した時から大ファン!!!

 

 

 

 

そして、思った

ドリームワークスのキャラクターてだすてぃんと似てない?笑

(性格が)

 

f:id:yuingpopup:20200215073030j:plain

 

そんな気づきから考えてみて

昔見ていたアニメが今の自分を形作っているのか

 

ドリームワークスと出会ったのは小学校低学年

 

それまではディズニー一筋

 

なかでも何回も何回も見続けたのが

 

ポカホンタス

・ムーラン

 

マイナーかもしれないから

ざっとあらすじ

 

ポカホンタス

ネイティブアメリカンの村長さんの娘の名前はポカホンタス

母を幼い頃無くし、お父さんと2人暮らしをし、幼い頃から村を継ぐという事を意識され育てられた。でもある日イギリスからの植民地の視察の船が到着する。そこの乗組員ジョンスミスとポカホンタスは恋に落ちしまう。命をかけてお互いを守った2人だから、戦いでジョンスミスが負傷をしジョンスミスがイギリスに帰る事になった。ポカホンタスを誘ったが、彼女は最愛の恋人よりも村に残りお父さんの後を継ぐ事を選ぶ。

 

f:id:yuingpopup:20200215073204j:plain


 

ムーラン

中国のお話。男が戦に出て女が家を守ることが当たり前であった当時、病気の父の代わりに、家族に黙って家を出て男になりすまし兵になったムーラン。初めは誰よりも弱く失敗ばかりであったが、誰よりも努力を周りにみとめられる。

しかしある日、敵との戦で負傷してしまい男とバレてしまう。戦での戦いが認められ、殺されはしなかったが追放されてしまう。その後、帰路の途中死んだと思われていた敵の頭が生きていたのを見る。その事を昔の仲間や将軍リーに伝えても見向きもしてもらえない。しかし、敵を見た事で将軍達は再びムーランを信じ、一緒に戦う事を決意。

見事勝利をして、将軍と結ばれる。

 

f:id:yuingpopup:20200215073221j:plain

 

 

ポカホンタスは、心の声に従う事

ムーランは、常識を破る事=心の声に従う

 

 

私はこの2つのストーリーに強く影響されていた!

 

 

ここまで心の声に従って生きてきた。笑

常識なんて私の常識ではなかった。

 

大学時代は、離島に住んでみたり

就職する前にフィリピンに住んでみたり

 

明らかに、普通の路線ではない。笑

 

結構私の世代では、

眠れる森の美女・美女と野獣・シンデレラとかみんな好きだった。

 

私の見解では

眠れる森の美女・・王道タイプ・安定思考(お姫様ほぼ動いてない)

美女と野獣・・外見より中身重視!だけれでも経済力大切

シンデレラ・・ど定番・こじらせそう

 

 

 意外としっかり分析すれば面白そう♩